透析

岡山で透析を始める目安と役割

日本人に多く患者がいる糖尿病、悪化すると腎機能が低下していきます。薬物療法や食事療法でも症状が改善されず、日常生活が困難になります。
この時に透析導入を考えなければいけない。腎臓の機能が低下すると、体内の水分や老廃物を体の外に出せない。腎臓は体内の老廃物を尿として排出、体内環境を整える役割です。必要な時期に透析を始めないと他の臓器に影響が出ます。透析患者は年々増加、糖尿病から腎不全になるケースが多くなっています。人工透析は機能が低下した腎臓に変わり、人工腎臓装置を使用します。老廃物の溜まった血液を綺麗にろ過、同時に余分な水分を取り除きます。透析治療と同時に薬物療法、食事療法が行われます。食事で腎臓に負担をかけるのがタンパク質と塩分です。腎臓病の治療で食事療法はとても大事でタンパク質、塩分の制限をします。
透析患者にとって重要なのが水分です。腎臓の機能が低下して体内の水分をにとして排出できなくなります。その為、水分が体内に蓄積されてしまいます。
透析を行うとき、ドライウェイトを目安にして透析の回数や時間を決めていきます。ドライウェイトとは体内の蓄積した水分を取り除いた時の体重の事です。これは主治医と相談して決まります。血液透析がメインになるので、週に数回の通院、シャントの導入等が必要になります。

TOP